デッキレシピ

[ガロホ殿堂で終われない]ネクラデッドゾーン[コントロール]

  • LINEで送る

アナカラーデッドゾーンでよく使われていたガロウズサイクリカなのですがガロウズホールの殿堂入りによりこのコンボを狙うことが非常に困難となりました。

しかしカードプールの発展により思い切ってカラーチェンジすることで現環境でもそこまで差し支えなく戦うことが可能となりました。

デッキリスト
4枚 フェアリーライフ
4枚 ジャスミン
4枚 解体人形ジェニー
3枚 デッドゾーン
3枚 ベルヘルデスカル
3枚 オリオティスジャッジ
3枚 フェアリーホール
3枚 リバイヴホール
2枚 ガードホール
2枚 プチョヘンザ
2枚 メメント守神宮
2枚 ブラックアウト
1枚 ディメンジョン・ゲート
1枚 五郎丸コミュニケーション
1枚 ブラックサイコ
1枚 ハンゾウ
1枚 ハヤブサマル

最終禁断

1枚 ドルマゲドンX

超次元
2枚 勝利のガイアールカイザー
1枚 勝利のリュウセイカイザー
1枚 勝利のプリンプリン
1枚 ジオザマン
1枚 ヴォルグサンダー
1枚 ガンヴィート
1枚 時空の支配者ディアボロスZ

アナデッドゾーンとの違い
白を採用することにより
・メメント
・プチョヘンザ
・ガードホール
といった強力なカードの採用が可能となるため従来のダイスガロウズをも凌駕する硬さを実現することが可能となりました。

回し方
基本的には従来のアナカラーデッドゾーンと同様にマナブーストからハンデス除去のコントロールになるのですがドルマゲドンやガードホール&スカルによるヴォルグループで山切れを狙いやすくなりました。

細かい立ち周り(一部)

対ジョーカーズ

・盤面制圧をしたのちにハンゾウをハンドキープ
もしくは盾にベルヘルを埋めた状態でなおかつ封印を一枚まで減らした状態で殴り込む。
トリガーで返された場合はビッグバンでそのまま抑え込む。
・センノーが非常に辛いので素だしデッゾやメメントタップキル、ガードホールが活きる。
・プチョヘンザのタップインで油断しているとジョラゴンJoeで死ぬ時があるのでしっかりニンジャを備えるかマナを10まで伸ばしましょう。

対ロージア
・盤面制圧をしたのちにベルヘルとガードホールで何度もヴォルグサンダーを使いまわしてライブラリアウトを狙う。
・ブラックアウトが活きるのでそこからデッドゾーンによる侵略で盤面崩壊を狙う。

対成長、3kill剣
・ディメンジョンゲートなどのサーチカードを活用してシノビなどで耐えた返しをプチョヘンザやデッドゾーンで抑え込む。
・ブラックアウトが生きる対面のため積極的にハンドキープする。

対ハンデス
・リソース確保が必要となるためジオザ・マンを早めに立てる。
・お互いハンデスし合うためトップ勝負となる場合が多いが次元呪文の多さからやや有利。
・お互いがヴォルグを投げ合うため次元呪文をより多く打てるかが勝負となる。

対墓地ソース
・GTが致命的なまでに刺さるのでメメントを張るまでは絶対に盾を1枚以上死守する。
・メメントとデッドゾーンを立ててGTがいつ来てもいいように壁を作る。
・ブロッカーで相手が攻めれない状況を作った上でヴォルグサンダーを連打して勝つのがベスト。
・ドルマゲドンはGTを止められる壁でなおかつ相手に除去されることはあまりないので貯めずに積極的に爆発させる。

改良考察
メタによりカナシミドミノ、バセオアビス、バイスカイザーZなど採用してみると面白いと思います。

  • LINEで送る

コメント

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)