デュエマ速報

クリエイターズレターをご一緒に「vol.27」

  • LINEで送る

※本記事はtoiaがクリエイターズレターを読むという内容になっています。クリエイターズレターの内容をそのまま転載するものではないこと、情報を抽出するものではないことを先に記しておきます。「公式へのリンクはマナー違反」とかがある場合はコメントをいただければ怯えつつ速攻でリンク部分を削除します。あと、どうでもいいですが私はこういう「公式で出すお手紙」系書き物が好きです。大好きです。
あたらしいクリエイターズレターが届きました。こちらです。

 

早速見ていこうと思います。

 

プロモカード

まず目を引くのはあたらしいプロモカード。ToiaはCSでほとんど勝てたことがない(DMRP限定構築CSで水単ムートピアを使ってCSベスト8に入ったという夢を見てました。ええ、もちろん現実ではなく夢)ですが、今回のプロモカードはどうやら月桂樹だか月桂冠だか(枠のところにかいてあるじゃんけん大会のカードにも追加されてるアレ)がないということで残念という声が私の周りから出てました。

雑談

もう取得した前提なの私の周り強すぎて引き笑いしか出ない状態ですけども(そういえばこいつ先週のCSで優勝してたな…なんかこう、周り「だけ」が強いと劣等感かんじませんか? なんか切ないですよね。まるでクリスマス皆恋人と過ごすのにじぶんだけひとりみたいな、そんな感じを味わいました)。

話それました。

 

シールド戦

次は、シールド戦について。双極四弾トッキュー8のまとめ記事書かなかったのけっこう痛恨だった(結果は4回参加して1回優勝でした。ええ。参加者弐名のサドンデスマッチを勝っての優勝ですよ。誰ですか一回戦勝利レベルとか言った人は)Toiaにとっては渡りに船といった感じでとりあえずやってみました。

 

・20分で総数書くのムリ

・めちゃくちゃ書き間違う

・30分でデッキ構築するの人によっては難しすぎる

・当たりが偏りまくってかなりヤバめ

・バラギアラミノガミオラマッハ全部当たってるのにドゴンギヨスにボコボコにされる

 

と、半端じゃない内容になりました。こちら、気分が乗ったら記事にしようかと思っています。

 

とりあえずひとつだけ。

 

・メモ用紙使用OKにしてください。

 

まじでメモ用紙ないとチェックのとき数え間違うこと間違いなしです(なんかよくわかなんないですねこれ)。

今回、じつは年末にToia主催でちょっとしたイベントを開催しまして、その後に私Toiaともうひとかたの二人でやってみたんですが私はもともとトッキュー8に情熱を燃やすトッキュー8勢だったのでデッキ構築等々サクッとできたんですが、もう片方のかたは印刷したPDF用紙に書き込んでチェックしててたぶんそれ当日できないやつですよねみたいな雑談をして、お互いに、

「これ、当日の運営のかたジゴク見るかもしれないですね」

なんて言ってました。

 

簡単にまとめますと

・メモ用紙無しの目視確認で1枚と2枚のカードを75枚分書き込んでチェックしろ

って話なので、なかなかにハードでした。

ちなみにクリエイターズレターにあったジャッジ呼んでミス訂正のところですが私が2回、もう片方のかたが2回ミスったのでこの時点でジャッジのかた4回呼ばれてるんですよ。これはなかなかヤバいんじゃないかなぁと。

 

話がそれました。

 

シールド戦プロモ(雑談)

シールド戦のサポート、めっちゃくちゃ気になります。何が来るんだろう…

Toiaは煌龍かデスザークあたりを予想してます。ゴールデンリスト外から刺客、マスターカード。まだサポート商品になったこと、一度もなかったような気がしないでもない(LEGENDはボルシャックドギラゴンが優勝賞品になっている)ので、ここかなと。続報がたのしみです。

 

DMPランキング報酬

DMPランキング報酬。圧倒的北海道。さすが北の大地は規模が違う。

そういえば、前回の報酬をガラスケース越しに見たことがあるんですけどあれものすごい格好良かったです。今回も格好良いんだろうなぁ…

 

日本一決定戦

日本一決定戦のスポンサー表示。

これですね、Toiaかなり重要なものだと思ってます。並みいるクリエイターズレター重要情報の中でも、歴代一二を争うレベルです。

 

デュエルマスターズ最高峰の戦いである日本一決定戦において、スポンサードの名前を表示することができる。

日本一の戦い(デュエマは日本語なので実質世界一だし宇宙一)に、間接的な広告を入れられる。

ユーザーに与える効果は計り知れません。しかもそのまま優勝日本一なんてことになったらもう凄まじいことになる可能性を秘めています。

店舗関連のかたは既にクリエイターズレターを読み込んで周知のことと思いますが、あらためてご想像いただけるとToiaがよろこびます。

「自らの店名を冠したプレイヤーがその時代を制し、その放送には自らの店名が常にある」

いやあゾクゾクしますねこれは。

今年の日本一決定戦はお店もプレイヤーも見逃せない、最高の放送になるかもしれない…

 

 

おわりに

というわけでサクッと〆て今回のクリエイターズレターは終了。なかなかボケの少ない感じだったので一見さんお断り感は出ていましたが、シールド戦や日本一決定戦などかなり情報の密度が高く「ボケるにボケきれなかったのではないか」という疑いがあります。

Toiaはこういうガチっと読ませるクリエイターズレターもすきです。だいすきです。

 

ではまた。

 

あけましておめでとうございます。

2019年もよろしくおねがいいたします。

  • LINEで送る

コメント

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)