アイディア・コンボ

『2018新作カード』自然ドラゴン新たな可能性?!

  • LINEで送る

こんにちは

2018年1月27日遂に新作パックが発売させました。

 

その中に自然クリーチャーの可能性を広げる

面白いカードがあったので

紹介したいと思います。

 

まずは以下の3枚をみてください。

 

ソイルピンプ・キャベッジ

 

 

 

 

 

 

 

 

このターン、次に召喚する自然のパワー12000以上のクリーチャーのコストを最大8少なくしてもよい。

ただし、コストは0以下にはならない。

タマタンゴ・パンツァー

 

 

 

 

 

 

 

 

T・ブレイカーバトルゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

相手のクリーチャーが攻撃する場合、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

自分のマナゾーンにパワー12000以上のクリーチャーが5体以上あれば、シールドゾーンにあるこのクリーチャーに「S・トリガー」を与える。

ボント・プラントボ

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがパワー12000以上のクリーチャーなら、自分の山札の上からさらに1枚、マナゾーンに置く。

 

もうお気づきかと思いますが、

やたらとパワー12000の自然クリーチャーに執着してます。

今回のパックでは紹介した以外にもパワー12000系自然クリーチャーが

多数封入されていますので組み合わせて使えということですね。

 

上手く利用すると

マナ加速とコストダウンで

パワークリーチャーを早い段階で出せそうです。

 

『何を出してやろうか!』

と考えた時に

最初に頭に浮かんだのがこのカードです。

 

 

 

 

 

 

 

左から

界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ

ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
相手のクリーチャーがバトルゾーンに出て、そのクリーチャーの能力がトリガーする時、かわりにその能力はトリガーしない。(例えば、相手は《このクリーチャーをバトルゾーンに出した時》で始まる能力を使えない)

仁義類鬼流目 ブラキオヤイバ

このクリーチャーが攻撃する時、進化ではない自然のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
相手のクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーは可能であればこのクリーチャーを攻撃する。
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)

天罪堕将 アルカクラウン

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から、コスト7以下の光のクリーチャー、水のクリーチャー、闇のクリーチャー、火のクリーチャー、自然のクリーチャーをそれぞれ1枚ずつ選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)

ワルドブラッキオで敵を牽制するもよし

ブラキオヤイバで自然クリーチャーを展開してもよし

アルカクラウンで場を一気に制圧することもよし

 

使い道はたくさんあって面白そうですね。

いい構成が思いついたらデッキとして改めて紹介します。

 

おすすめのコンボとかあればコメントお願いします(m__m)

 

 

 

  • LINEで送る

コメント

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)