コラム

ジョーカーズが嫌われているいる理由について

  • LINEで送る

みなさん、こんにちは。ノウキンと申します。

今回はジョーカーズについて少し書こうと思います。

嫌われている理由

ジョーカーズが嫌われているのは理由が少しあります。

まず、大量のドローソース。ニヤリーゲットに始まり、ヘルコプ太やガヨウ神といった様々なカードがあり、それらのせいで圧倒的アドバンテージを稼ぐことができます。2ターン目から平気で3枚4枚ドローされたらひとたまりもありません。この時点でハンデス系のデッキは苦しくなります。というか死にます。

次にデュエマ界隈に戦慄をもたらしたジョジョジョ・マキシマム。ナッシングゼロも大いに活躍しましたが、マキシマムが登場したことにより、これまでは「トリガー入れれば何とかなるやろ」となっていたコントロール系が一気に壊滅しました。まさかの呪文封じにはブーイング続出。ナゼロの方が良かったと言う人が大半です。ジョーカーズ使いの僕からすれば、勝ち筋が増えてたいへん嬉しいことにですが。

更にスタートデッキでガンバトラーG7という速攻への追い討ち。ボルドギケアまでだれが考えたのか、、、。

あとは作業のようにドローして呪文封じて殴るなど戦略性がないなどまさかのジョーカーズ使いまで批判を受けるくらいのヘイトを集めるデッキとして完成されたのが今のジョーカーズです。踏み倒しもなかなか効かないため外道のような扱いを受けています。悲しい。ですが、ジョーカーズによって高騰したカード達もいるのであながち批判ばかりは出来ないかもしれません。洗脳センノーは踏み倒し系にも影響を与えましたし僕的には何やかんやデュエマの盛り上がりに貢献してるのでは無いかと思います。

結論

ジョーカーズは新規を呼び込むためのクソデッキだが、何やかんやデュエマを盛り上げる良いデッキ。あと僕はあたりポンの助が好き。

拙い文章で画像など無くてすいません。見てくれた方がいましたらありがとうございます。次のブログを書く機会がありましたらもっとデッキとか載せます。

 

 

 

  • LINEで送る

コメント

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)