コラム

DMデッキ開発部の紹介記事

  • LINEで送る

DMデッキ開発部、というものを聞いたことがあるだろうか?
聞いたことがある方も無い方も、是非この記事を見てほしい。

だからお願いします!ブラウザバックはやめてぇぇ!

──────────────────
《DMデッキ開発部とは?》
エーツー「デュエマ!」
一同「クラブ!」

エーツー「ということで、ここからは僕達、デッキ開発部のメンバーがデッキ開発部のことを紹介していくよ!」

アン「ちょっと待つっす!」

エーツー「どうしたの?デッキ開発部自然文明大好きで、面白いデッキを作ることにかけては開発部1のデッキビルダーのアンちゃん。」

アン「何かその説明口調の仕方凄いデジャヴ感じるんすけど。」

トモ「えーと、その件はデッキ開発部水文明担当兼広報の私、トモが説明します!この『新デュエマクラブ』でデッキ開発部の紹介をすることになったので、私達開発部のメンバーが登場することになった、ということです。」

アン「あぁ、そういうことっすか。
大体わかったっす。」

八重子「それより、早く八重子達の紹介をするですの!
あ、八重子はヘブンズゲートとブロッカーと光文明が好きなマドンナですのー!
今はサッヴァークを使ってますのー!」

ユウヤ「僕も自己紹介するよー
僕は何よりコンボが大好きなわぁい、コンボのデッキビルダー、ユウヤだよー。
最近はシャコガイルに注目してるよー」

ハル「ユウヤさん、確かヒラメキプログラムの殿堂で寝込んでませんでしたっけ…
まぁ、僕はどっちでもいいですけど。」

アン「やめるっす!
開発部は2年ほど更新無かったんっすからその内に治ったんっすよ!」

シュウ「アン殿、自虐ネタはやめたほうがいいですぞ。
…私も自己紹介を。
私は闇文明の美学を愛する者、シュウですぞ。
デ・スザークは素晴らしき闇の美学ですぞ!」

ハル「そして僕はそんなシュウさんとゴッド大好きのハルです。
最近はサハスラーラのデッキを使ってます。
まぁ、覚えて貰わなくてもどっちでもいいですけど。」

リリィ「わらわはゼロ文明の姫、リリィなのじゃ!
ゼニスが復活するので本編でも出番になりそうなのに更新される様子がなくて悲しいのじゃ……
でも、めげずにがんばるのじゃー!」

ケンジ「どうも!本編ではあまり出番がありません!ケンジです!
最近は無明夜修羅ムカデを使ってます!」

エーツー「そして、デッキ開発部リーダーで火文明使いのこの僕、エーツーが中心となって様々なデッキを作り、紹介するDMデッキ開発部をよろしく!」

アン「待つっす。
開発部本編が更新されてないことにも触れるっす!」

エーツー「あぁ……
そうだね。
実はデッキ開発部は約2年ほど更新が無いんだ。」

トモ「しかも、公式サイトからのリンクも消えてますし……」

八重子「でも八重子は復活を諦めないんですの!」

シュウ「そうですぞ!
我々開発部を愛する者がいる限り、開発部の復活を望む者がいる限り、我々開発部も諦めては行けないんですぞ!」

ハル「シュウさん流石!」

ケンジ「実際に、開発部を愛する方々が開発部の二次創作をしていただいてます!」

ユウヤ「本編顔負けのクオリティの物もあるから是非見てみてねー」

リリィ「開発部本編のURLは《》なのじゃ!
よろしくなのじゃ!」

エーツー「と、いうことで今回は開発部のことを紹介したよ!
どうだったかな?開発部のことがわかったかな?」

アン「カオスっぷりは伝わったんじゃ無いっすかね」

エーツー「カオスの元凶がそれを言うのか……」

ケンジ「すいません、皆さん!もうあまり時間がありません!」

エーツー「と、とにかく!
皆!デッキ開発部をよろしくお願いします!
皆の応援があれば、きっと帰って来れると信じてるから!」
──────────────────

と、いうことで開発部の雰囲気を伝えるために開発部のメンバーに紹介をさせてみました。
…開発部メンバーが出るだけでカオスになるのは何でなんだろう。
正直、あまり上手く紹介出来てないと思いますが、是非皆さん開発部を見てみて下さい!

  • LINEで送る

コメント

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)